correcting-1870721_1920

こんにちは、現役大学生のみどりです!
私は大学受験でずっと英語に苦しめられてきました。
元々苦手な教科だったということもありますが、なかなか点数も伸びず
志望大学を変更しなければいけないかも・・という悩みも抱えていました。

 

大学受験には英語ははずせない教科です。
同じように英語、特に英語長文に悩む方も多いのではないでしょうか。

 

私は、この勉強法に出会って、英語の取り組み方ががらりと変わりました。
点数も結果としてついてくるようになり、無事志望大学を変更せずに無事合格することができました。
同じ悩みを抱える受験生の方に、ぜひ役立ててほしいと思います。

英語長文を攻略する秘訣とは?

英語が苦手だった理由に、「英語長文」がありました。
英単語や文法、アクセント問題などは努力次第で即答できますし、
点数にもすぐに反映されます。
そのため、努力していてやる気がなくなることもなかったのですが、
英語長文に関しては問題集を解いても手ごたえがなく、
模試や過去問に取り組むたびに、焦りをいつも感じてました。

 

特に私に必要だったのが「スピード」です。
じっくり読めば理解できる内容でも、読解に時間がかかりすぎて問題を最後まで完答できなかったり、
読解が雑になっていて、点数を落とすことも多かったです。
私に必要なのは「英語長文の読解力」、そこで出会った読解の方法が「前から読み」です。

英語長文は「前から読み」スピードが倍速レベルにアップ!

英語長文の読み方は、意外と人ぞれぞれですよね。
私が先輩に聞いて始めて出会った英語長文の読み方が、
「前から読み」です。
英語長文に悩んでいる方に絶対おすすめの方法です。

 

「前から読み」とは、言葉通り英語を前から読んでいく方法です。英文を前からは読む人は意外と少ないのです。
なぜなら、英語の構成は日本語と違って「主語→述語→目的語」といった順番で並んでいて、
日本人にとっては理解しづらいためです。

 

無意識に英語を読むと、1回最後まで読んでから「彼は→行った→湖に」→「彼は→湖に→行った」というように、何段階かにして英語長文を読んでいるんです。
文章が複雑になれば、その行ったり来たりを2周3周していることになります。
私はまさにこの読み方をしていました!

 

「前から読み」は、「前から一度に読んで訳す!戻ったりはしない」、という英語長文の読み方です。
先ほどの例で言うと、英語を読みながら「彼は→行った→湖に」で読解完了、といった読み方です。

 

始めは、「そんなことできる?」と思うのですが、絶対にできるようになります。
むしろこの方法を身につけると、英語長文を読むのが以前ほど億劫でなくなります。
大げさでなく、読解の時間が半分になるかもしれません。

「前から読み」のCMも発見!有名みたいなので自信を持ってオススメできます!

英語長文が苦手で先輩の薦めでたどり着いた「前から読み」ですが、
私はこの読み方に出会い、センター過去問が6割程度の点数だったのが
本番では9割の得点まで行くことができました!

 

センターの英語長文は、色んな大学の英語長文と比較すると文章構成もシンプルで
万人受けの文章です。
意外と読み易く、「前から読み」とも合っていたのではないでしょうか。

 

私は塾に行っていなかったので、先輩から評判を聞いてこの「前から読み」の方法を教えてくれるネット講座に申し込みました。
結果、点数も上がり、塾へ行くより時間も自由に使うことができて
私には合っていたと思います。
CMも目にするので気になった方はぜひ詳しく調べてみてください。
↓↓↓
英語の「前から読み」で話題!
英語長文読解対策講座「スーパーSIM(エスアイエム)」

https://www.studytown.jp/hi/lp/super-sim/maekarayomi/

英語長文は大学受験の鬼門といいますが、まさに私にとって鬼門でした。
どうやって勉強すれば点数になるか分からなかった時期があり、悩んでいましたが
この方法に出会って新しい道が見えたような気分でした。

 

受験勉強の方法は、人ぞれぞれ合う方法があると思います。
もし今英語長文でその頃の私のように悩んでいる方がいたら、ぜひ役立ててほしいと思います。

コメントを残す