choubun_wp07

大学受験を控えた受験生のみなさん、英語長文読解を難なくクリアするコツがあるのをご存知ですか?
長文読解をスラスラこなせるようになるには様々なコツがあり、コツを押さえた学習が大学受験合格への近道です。英語長文に苦手意識をもってしまっている方にもおすすめです。

人生を左右する大学受験。英語の長文を攻略するために、ぜひ参考にしてみてください。

長文読解の鍵


長文読解において、一番キーとなるのが文構造を読み解くことです。

皆さんは、文を読むときに文型を書き込んでいますか?文型の見分け方については、ほとんどの人が中学1年生の時に教わっていると思います。

しかし、英語が苦手な方の多くが高校生になっても文型の見分け方が分かっていないために長文を読み解けないのです。

長文読解の力を上げるコツは音読がポイント!

大学受験の英語長文読解のコツは、ただ机の上で黙々と勉強するだけではなく、まず一つは「英語の音読」です。
大学受験の英語の長文は、多くの単語・熟語から構成されています。英語読解レベルを上げて、英語長文を読み進めながら同時に意味を理解するには、音読がとても効果的なのです。

英語のレベルは、徐々にアップしていけばよいので、初めは身の丈に合ったレベルの英語長文読解からスタートすれば問題ありません。

まず、英単語・文法を理解していなければスムーズに音読をすることはできません。逆に、スムーズに読めない英語の部分が、弱点なのです。

英文法を理解できていないのか、英単語・英熟語が理解できていないのか、長文の音読を通して自らの英語読解力をしっかりと見極めましょう。

英語の長文読解の中で、自分の弱点が何なのかを見極めることで適切な対策ができ、「音読」をマスターし、合格に一歩近づくことができます。

正しい音読・速読で見事東京大学に合格された方の「必勝!勉強法」とは!?

長文読解のスピードの基準は?

大学受験の英語長文読解のコツ「音読」を押さえたら、次は「大学受験英語の長文を完璧に読解するために必要なスピード」をマスターしましょう。

練習で音読する際、どの程度のスピード・時間を目指して読めばよいのでしょうか。

コツは、「難易度に応じて目標のスピードを定めること」です。英語の難易度が平易~一般レベルの大学を受験する方は、まずは周りの人が聞いて、スラスラとした音読に聞こえることを目標に音読をしてみるのがおすすめです。

英単語や文法が理解できていないと、切れ目が分からなかったり、読み方が分からなかったりと躓いてしまう部分が出てきてしまい、無駄に時間を費やすことに。

読めなかった部分を一つずつ理解していけば、徐々に読解に要する時間も短縮され、音読スピードもアップし、すらすらと読めるようになります。

また、早慶のように、英語のレベルが高い大学受験を目指す方は、時間が足りなくなってしまいがちなので、かなりのスピードで音読する練習をしましょう。

一般レベルの二倍程度の音読スピードを目安にすると、ライバルと競えるような力がつきます。ものすごい音読スピードですが、難関大学の受験は、相応の英語力・音読スピードが求められます。試験での読解時間短縮のためにも是非チャレンジしてください。

文構造の見分け方

皆さんはOとCの見分けがつきますか?「Oは目的語でCは補語である」というのは、皆さん聞き覚えがあると思いますが、この説明では具体的にどのように見分ければ良いのか分かりませんよね。

OとCの最大の違いはS≠O、S=Cであるということです。

例えば、「I have a pen.」の文型は分かりますか?これは、I≠penであるので、SVOの第三文型で、IがS、haveがVで、a penがOとなります。

これくらいの文章であれば、OとCの見分けもつきやすく、分かりやすいと思います。

複雑な文の文構造の見分け方

それでは、
「he think that the girl he loves loves his friend. 」
この文章の文型は分かりますか?主語と動詞がたくさん出てきて文が分かりづらくなっていますよね。

まず、この文の大きな主語はどれでしょうか?この文章を日本語にした時、「彼は考えた,that以下」となります。なので、「この文の大きな主語はhe、述語はthink」となります。

それでは、彼は何を考えたのでしょうか?that以下を見てみましょう。

ここで、まず注目する所は、「lovesという動詞が2つ並んでる」という所です。1つの節に動詞が2つ入ることも、動詞が1つも入らないということもありえないので、2つの動詞の真ん中で節が区切れるということが分かります。1つ目のlovesの前に、主語となり得る単語はheしかありえないので、ここの文はhe lovesでひとつの節になります。

しかし、he lovesだけでは彼が誰を愛してるのか分からないですよね?lovesは第三文型を取る動詞であり、「he loves O」という形が正しい形となります。

では、この節のOはどこに行ってしまったのでしょうか?そこで、この節の直前を見て見ましょう。

「the girl」という単語がありますね。節に欠けているOやCは、その節の主語の直前にあるという法則があります。なので、欠けているOは「the girl」となり、「he loves the girl」がこの節の正しい形となります。これで1つ目のlovesの謎は解けましたね!

それでは、2つ目のlovesを見ていきましょう。Lovesの後にhis friendがありますよね?先ほども言った通り、「lovesは第三文型をとる動詞」なので、his friends がOだということが分かります。これでこの文のVとOが分かりました。

しかし、Sがまだ分かっていませんよね?that以下でSになり得る単語は the girlまたは heしかありません。それでは、どちらが主語なのでしょう?節の中の句は、節の中でしか働かないという法則があります。つまり、
「the girl (he loves) loves?」
という文であれば、カッコ内のheは()外のlovesにはかからないということです。なので、2個目のlovesの主語はthe girlとなります。

以上ですべての単語の役割が分かりました。

今までの流れを記号で表すと、
「He think/the girl(s)←(he loves) loves(v)his friend(o).」
となり、「彼は思った、彼が愛してる女の子は彼の友達を愛している」という訳になります。

英語が苦手な人は、このプロセスを無視して返り読みをして解読しようとするので、複雑な文に惑わされているのです。
長文を読む時は、文構造を丁寧に読み解き、本文に書き込みましょう。
長文を読む際に書き込みをせず真っ白なままな方がいますが、これではいつまで経っても文は読めるようになりません。

また、「I think that」 や 「I want that」 などが出てきたら、thatの前に「/」を入れ、一旦文章を区切りましょう。

こうやって書き込む事で、文が読みやすくなり、パッと見ただけで文構造が分かるようになります。
最初は時間がかかると思いますが、慣れてくればこれが当たり前になり速読に繋がります。

読解のコツはとにかく書き込んでいく事です。問題用紙を綺麗なままにしておくのではなく、文構造や分からなかった単語など、どんどん書き込んでいきましょう!

長文読解のレベルは?オススメの参考書をご紹介

大学受験対策として英語長文の読解力を養うには、参考書選びにもコツがあります。

例えば、音読には、具体的にどの程度のレベルの参考書を選べばよいのでしょうか。

大学受験で取り上げられる英文のテーマは幅広く、学部や分野を問わず様々な長文が取り上げられます。
合格のための読解力強化が目的であれば、まずは市販の一般レベルの長文読解参考書を選択しましょう。
(「センターレベル」などとまとめてあるものでもよいでしょう)

理由としては、音読を通して、実際の試験で取り上げられる英語の読解力をアップすることが目的であるため、触れる英語はなるべく実際の問題で取り上げられる内容に近しいものが良いためです。

志望大学の過去問題を使用すれば、難易度のレベルも近く、より実践に近いため、効果的でしょう。英語に苦手意識があり、音読をするのにいきなり長い英文はレベル的に難しいという方は、参考書ではなく英字新聞のコラムなど読みやすい記事から始めてみましょう。

また、38万人を伸ばした英語長文・対策オンライン講座もあります。↓↓↓

「大学入試長文対策『スーパーSIM(エスアイエム)』」です。

日本人が英語をできない根本的な理由を解消するために作られているので、英語の長文問題が今までより遥かにできるようになります。

いかがでしたでしょうか。大学受験に向けた英語の長文読解のコツは、「音読」です。
スムーズな音読には様々な英語力が求められ、音読を強化することで全体的な読解力を強化することができます。

つまり「音読力」は、英語力アップのための最強のスキルなのです。大学受験本番までに「スラスラと長文を読めるようになりたい」「英語の点数をアップさせたい」「なにがなんでも合格したい」受験生の方は、このコツを参考にぜひチャレンジしてみてください。

コメントを残す