choubun_wp12

大学受験の英語長文には速読がポイントです。英語長文がどうしても苦手!入試本番までに絶対に攻略したい!と思っている受験生のみなさんに朗報です。
英語長文に欠かせないスキル、それは「速読即解」につきます。速読は訓練次第で誰でも身につけられるスキルです。ただ訓練にはいくつかのコツがあるので、そのポイントをご紹介しています。英語長文が苦手だった私が言うのできっと役に立つと思います。

英語長文の設問に即解答できる力は設問の演習によって培われます。もちろん、漠然と過去問演習をしているだけでは点数はアップしません。即解力を養うにはコツあります。勉強のツボを押さえて、しっかり速読力と解答力を強化した状態で大学受験本番に挑みましょう。私が受験勉強で気が付いた英語長文にかなり効く勉強方法をご紹介していきます。

英語長文読解がいつも時間内に解けないあなたに朗報!

大学受験の英語長文では速読のマスターが合否を分けます。英語長文が苦手な受験生の多くが悩むポイント、それは時間です。文法問題とは異なり、長文問題は読解プラス解答なので、英文のボリュームや難易度によって読解時間が左右されると時間をオーバーしてしまい最後まで解答できないという場合が多いのです。現に私は英語長文においてそこが最大の悩みで何度も解答をしてみるものの、スピードが上がっている実感がありませんでした。そこをカバーするには速読力を強化するしかありません。

大学受験で速読に必要なポイントは、素早く英語長文を読み進められることプラス読みながら文章の意味、英文全体の構成が理解できることです。

そんな同時になんて難しい!と思っていたのが受験生だった私です。英語長文は複数の要素が絡み合ってできた英語の総合力を試す問題なので少しずつ勉強方法も紐解いていきましょう。
まず、速読には英単語や文法知識が欠かせません。地道な暗記にも早い段階で取り組み始めましょう。速読は、不要なところやわからない部分を飛ばしながら、重要な部分は精読をするなど使い分けが必要です。これは、英語長文問題を音読することで徐々に判断力が鍛えられます。この時のコツは、単純に英語長文の問題を解くのではなく、必ず目標時間を設定しましょう。「何分でこの何語の英文が読める」としっかり数字で理解することで目標や現時点がわかるし、目標も目指しやすくなります。ぜひ試してみてください。

正しい速読で見事東京大学に合格された方の「必勝!勉強法」とは!?

「速読」を正しくやれば合格できます!


 
大学受験の英語長文では、正しく速読力を鍛えることが重要です。では正しい「速読」とはどのように鍛えられるのでしょうか。

英語長文に必要な基礎知識は自学習でコツコツと取り組むとして、次のステップとしてはパラグラフリーディング・スラッシュリーディングを身につけることです。

正しい速読で見事東京大学に合格された方の「必勝!勉強法」とは!?

英語長文のパラグラフリーディングとは、文章全体の構成を理解しながら今自分が読んでいる部分は、文章全体の中でみるとどんな役割を果たしているのかを考えながら読む読解技術です。
例えば、英語長文全体の中で文章の1番始めの段落は、通常どのような役割を果たすかと言えば、その文章で述べたいことに対する問題提起の内容が多いかと思います。

また、「例えば」で始まるような段落は具体例を提示して、テーマの論旨を補足しているでしょう。このように、全体の論旨をざっくりと把握しながら読み進めることで、次の文章の展開が予想できるようになるのです。展開を予測できると、少々難しい単語や熟語があっても読解できる場合があります。これが結果速読につながっていきます。重要な部分か、補足部分かざっくり分かるだけで諦めることもできるようになります。私がスピードがあがっていったときは、英語長文の中でも補足や例などには深くこだわらないように割り切って読み進めるようにしていきました。

また、スラッシュリーディングでは1文の構成に注目し、文節の意味のあるまとまりごとにスラッシュを入れながら読解するテクニックです。
これは、どちらかと言えば精読の際に役に立ちます。設問に関わるような文章はスラッシュリーディングで細かく意味を把握した上で解答できるとベストです。私は先生に教わりましたがこれを習慣にするとスラッシュなしでは英語長文は読めなくなるほど重要な作業になっていきました。

予備校に通わなくても大学受験に合格できます

大学受験の英語長文の対策として、速読を強化する方法はたくさんあります。周囲の受験生みんなが塾や予備校にトレーニングに行っていても焦ることはありません。
現代は、自学習でも様々な受験方法を受験生自身が選択できる時代です。英語長文に効果的な参考書がほしいと思えば、それを紹介しているWEBサイトがあったり、月額1,000円程度で進学塾や予備校の講義の動画が見れるWEBサイトなどもあります。過去問すら無料でダウンロードができる時代です。

(英語長文におすすめ参考サイト:
最高レベルのオンライン学習サービス
「スタディタウン」

このように英語長文の受験勉強法も様々なところで紹介されており、もう大学受験は予備校に通わなければ合格できないなんてことはありません。中でも英語学習についての講義動画は、塾とは異なり自分のタイミングで空き時間でも見ることができるので、時間を効果的に使うことができるため、
英語はやはり先生に解説してほしいと思う受験生の方には、特におすすめです。
実際には講義を受けることが難しい有名講師の方の動画などもあります。私は動画講義を隙間時間に活用していましたが、この先生に授業を受けたかった!と思った先生がたくさんいました。

大学受験の英語長文の学習はトレーニングです。正しい方法で正しい方向に努力すればきっと力がつきます。ご紹介したポイントは、
すぐにでも始められるものもあるのでぜひ参考にしてみてください。トレーニングの成果で英語長文が得意分野になれば、自信を持って入試に臨むことができると思います。英語長文が苦手な私が実践した方法だからこそ、自信をもっておすすめできます。

コメントを残す