choubun_wp16

大学受験の英語長文を攻略するための、最強のリーディング法をご存じですか?大学受験合格のためには、英語の長文読解を強化することは欠かせません。

ここでは、英語長文を攻略する重要なポイントを、「リーディング法」に注目してご紹介しています。読解力をとことん鍛え上げるための要点を絞った英語学習で、志望大学受験合格を目指しましょう。

英語の長文読解で合格点を出すコツは?

大学受験における英語の長文読解には、文法・語彙・読解・リーディング・教養など、さまざまな力を総合的にアップさせる必要があります。どの学習も丁寧に行いたいですが、入試までの時間も限られています。

効率よく英語長文読解の学習を進めて、大学受験合格を目指すには、点数アップのポイントに絞って行う必要があります。

そのために欠かせないのは、「過去問研究」です。志望大学の過去問は、ヒントの宝庫です。年度によって多少の変動はあれど、基本的に大問構成などは大きく変わりません。

また、英文のテーマや設問にも特徴があることも多く、合格するために力を入れるべきポイントが見えてきます。例えば同じ英語長文読解でも、設問に整序問題が出題されたり、文法問題が出題される大学もあります。どれだけ過去問研究ができたかで、大学受験に合格できるか否かが決まります。

リーディングがみるみる早くなる!音読方法って何?


大学受験の英語長文を攻略するリーディングとは何か?過去問研究をしっかりと行った上で、実際に英語長文の読解力をアップするには、具体的にどんな対策を行うのがよいのでしょうか?

ここで1つおすすめしたいのが、英文の「音読」です。自学習を行う際、多くの受験生の方は、机に向かって黙々と勉強しがちです。

しかし音読には様々な利点があり、特に時間が限られた中で速読を身につけなければいけない受験生にとっては、効果的な方法と言えます。

英語の音読をすることで得られることは、まず「読解時間の短縮」と「弱点の発見」です。英語長文読解に時間がかかってしまう人の多くが、文章を何度も読み返しています。音読は、基本的に一読で読み切るので、読み返しを減らすことができます。

また、音読をしていてスラスラ読めなかった場合、そこが弱点の発見になります。単語の発音が分からず立ち止まってしまう場合は、語彙を強化し、文章の区切りがわからずに読めない場合は文の構造を見直しましょう。

音読が目的ではなく、音読をすることで浮き彫りになる弱点を潰していき、弱点を攻略することが目的です。今取り組んでいる参考書や問題集ならすぐに始めることができるので、勉強方法として始めやすいのもおすすめポイントです。

おすすめ「パラグラフリーディング」で合格を掴み取れ!

大学受験の英語長文の読解におすすめな「パラグラフリーディング」をご存知でしょうか。パラグラフリーディングとは何か?簡単に言うと、英語の長文を読む際に、話の要旨を見失わないように話の流れを想定しながら読み進めていく勉強方法です。具体的には、英語長文を読み始める際、一番最初の段落は話の序論の部分なので「要旨に関わる問題提起や主張が述べられるのではないか」という予測を立てて読み始めます。

また、段落の中の最後の文章には、その段落で言いたかった内容がまとめられている場合が多いので、意識して読みます。このパラグラフリーディングという勉強方法を身につけると、英文の内容を見失わずに最後まで読み進めることができます。

また、今自分が読んでいる部分は話の要旨に関わる部分なのか、それとも補足する部分なのかを判断することができるので、速読すべき部分と精読すべき部分の使い分けが可能になります。この使い分けは、大学受験英語においてかなり重要なので、受験勉強でぜひ強化したい、おすすめ部分です。

パラグラフリーディングは英語長文の総合的な読解力を強化する手段として、特におすすめの読解方法です。

38万人以上を伸ばした英語長文読解対策講座「大学入試長文読解対策「スーパーSIM(エスアイエム)」」をご紹介します!

大学受験の英語長文対策のために、ご紹介したリーディングのポイントはほんの一部です。英語の学習方法に正解はありませんが、これらをヒントにすれば、きっと英語の得点アップに繋がるはずです。志望大学受験を目指して、ぜひ少しでも受験勉強に役立ててみてください。

コメントを残す