choubun_wp18

大学受験を目指す受験生の皆さん、英語長文の対策は「復習」に最も力を入れましょう。志望大学を問わず、英語は合格のために欠かせない科目です。中でも「長文読解を制する者は英語を制する」といわれるほど、英語の長文読解問題は合否を分けるポイントです。

問題をひたすら解き続けるよりも、解いた問題の復習が全てを左右するという事実をご存知でしょうか。合格に一歩近づける英語長文の勉強のコツをご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

長文対策は、「読み続ければ大丈夫」って思ってない?

大学受験のための英語長文は、読めば読むほど良いというわけではなく、正しく復習することがある意味最も重要です。もちろん、読めば読むほど英文に慣れ親しみ、読解力も養われていくでしょう。

ただ、大学受験では、設問に解答しなければいけません。英文をただひたすら読む、という勉強に「復習する」というステップを加えてみてください。その分の時間、毎日三つ読んでいた英文が一つになるかもしれませんが、その分、一つの英文で得られる知識が格段に増えます。

具体的には、英文の中で疑問に思った単語をメモしておき、後で辞書を使って調べてみたり、会話表現など独特だと感じる表現の正しい意味を調べてみることなどです。

ポイントは、英文を読み終えた直後に調べることです。英文をひたすら読むことが習慣になると、良くも悪くも疑問に思った部分があっても、文章全体の要旨を理解するのに不便がなければ、読み飛ばしてそのまま忘れてしまいます。

分からずに読み飛ばした熟語や単語は、なぜかその後も度々登場し、「前にも見たけど、思い出せない」という経験はよくあります。「鉄は熱いうちに打て」、疑問を持った直後に調べるのが、知識を定着させるために最も効果的です。

こんな復習法は絶対ダメ!

大学受験のための英語長文対策には、復習でやってはいけないNG行動もあります。まず前提として試験や過去問を解いた後は、自身で採点をして復習をします。これはどの受験生も行っている基本中の基本です。

この「復習」にも注意点があります。まずやってはいけないのが、「AかBどちらかの解答に迷いAを選び、採点をしたら正解だった」というような問題を、正解だったからと復習をしないことです。これは、Aを明確な理由がなく選んでいるので、時間がたって同じ問題が出題されたとき、同じように迷ってしまい、今度は不正解を選んでしまうかもしれないからです。

復習をするときは、間違った問題だけでなく迷った問題も必ず押さえておきましょう。また、一度の復習ですんなりと定着するものと、何度覚えてもなぜか抜け落ちてしまうものがあります。対策として、復習した際には専用のノートに単語などをまとめ、確実に覚えたものをリストから消していく方法が効果的です。消えずにずっと残っているものは、自分の弱点なので入試直前の勉強に活用しましょう。

試験で自信をもって速読できる方法はこれ!

大学受験本番、英語長文に自信を持って臨めるようになる「速読→復習」までの自然な流れをご紹介します。試験本番までに、英語長文に欠かせない「速読」をマスターしておく必要があります。英文をスラスラと読めるようになるには訓練が必要です。速読に適した参考書も数多くあるので、自分に合った読み易いものを選んで活用しましょう。

おすすめは、「大学入試英語長文ハイパートレーニング」シリーズです。超基礎編、センター試験編、難関編など難易度でも選ぶことができます。精読・速読どちちらでもできるように訳も細かく付いており、文の構造も載っていているのでどちらの練習にも活用できるでしょう。

「英文を速読する→精読し、詳細を復習する」という流れで学習するとよいでしょう。速読をマスターし、精読との切り替えも身につけることが最終目標です。これができるようになれば、英語長文を恐れる必要はありません。

ご紹介した通り、大学受験の英語長文の攻略には「復習」が命です。ご紹介したポイントはすぐに実践できるものが多いため、自分に合うものを参考にして、より効果的な勉強法を探ってみてください。色んな勉強法を試しながら、自分に合った方法をいち早く見つけ出しましょう。

コメントを残す