choubun_wp03

大学受験を控えた受験生のみなさんの中で「英語の長文対策が心配・・」という方はいませんか?現在の大学受験では、学部の文系理系を問わず、英語が必須科目であることがほとんどです。中でもボリュームが多く、配点も大きい英語長文は合否を分ける重要なポイントです。

受験合格のために、英語長文が得意になりたい方、勉強方法が分からない方へ、おすすめの対策をまとめてご紹介します。

いったいどんな勉強をすればいいの!?陥りやすい罠はコレだ!

大学受験の英語長文が苦手な方の多くは、勉強の対策や方法に迷っています。大学受験で取り上げられる英語長文は一般的なレベルでも、
評論や歴史に関する英語長文など内容は高度で、必要とされる語彙も膨大な量になるからです。

勉強を開始する前に尻込みをしてしまい、真剣に取り組むまでに時間がかかることが最大の罠です。まずは自分の英語レベルを、各種問題集を活用してしっかりと把握しましょう。

市販の英語長文問題集の中でも、自分が比較的スムーズに解答できるレベル、辞書を活用すれば解答できるレベル、今の英語力では難しいレベル、などに分類できます。まずは英語長文をざっと読んで判断できれば大丈夫です。

英語長文に慣れて自信をつけるには、まず比較的スムーズに解答できる問題集に取り組み、1冊仕上げてみましょう。英語そのものへの苦手意識を無くし、「英語の勉強をすること」を習慣化することが目的です。仕上げた時の達成感を早く実感するために、はじめは薄めのものをチョイスして勉強を始めるのも良いでしょう。

「スラッシュ・リーディング」を徹底しよう!

ここでは、大学受験における英語長文の対策に効果的な「スラッシュリーディング」をご紹介していきます。「スラッシュ・リーディング」とは、英文を意味のある文節やまとまり毎にスラッシュ(/)を入れて、区切りながら読み進める練習方法です。

基本的な英文は主に、「主語+動詞+目的語」で構成されています。ここが、英語と日本語の異なる部分です。スラッシュ・リーディングを活用すると、スラッシュで区切ったまとまりごとの意味が理解できれば、長い文章でもスムーズにリーディングができるようになります。

また、文章をスラッシュで区切っていく際、まとまりには属さない前置詞などは丸で囲むと、さらに見やすく理解が深まります。英語の難易度が上がるほど、主語のかたまり、目的語のかたまりが複雑に長くなっていくので、スラッシュ以外にカッコや四角を用いるなど、自分なりの区切り方を増やしていくことも重要です。

英語の長文を読む際にはスラッシュ・リーディングを必須で行うようにし、繰り返して練習し習慣化していきましょう。

初見で読んだ英文を練習で見直す場合も、自分の区切り方を見れば正解とどのように違っていたのかが一目で分かり理解が深まるようになります。

ポイントをつかむことが成功への近道!

大学受験の英語長文は、ポイントをおさえて対策することが合格の秘訣です。合格に必要なのは、語彙・文法力、内容把握力、幅広い教養です。この三つの力をバランスよく養うことが最も重要なポイントになります。

日頃から英語の文章に慣れ親しむことはもちろん、時事問題や志望学部に関係するようなテーマに興味や関心を持つことも大切な対策の一つです。

難しい英文に出会ったとき、その中でキーワードになる単語の意味を事前に知っているかどうかで、読めるスピードは格段に変わってきます。同じように、取り上げられているテーマに対して事前知識があると、文章の序盤でどんなテーマについて述べられている文章なのかが理解できることもあります。また、さまざまな英文を読めるようになるということは、幅広い知識を広げることにもなりうるのです。

大学受験の英語長文の対策ポイントと一言で言っても、取り組む入り口は無限にあります。英字新聞のコラムや英語の本など、興味を持てるものから始めてみてもよいでしょう。

英語長文への苦手意識をなくすには、英語を読むことを日常にしてしまうことが一番です。学習を進めていくうちに、英語の難しさだけではなく、英語の楽しさに触れることができるのではないでしょうか。

コメントを残す