choubun_wp13

大学受験を考えるみなさんは、勉強をいつから始めるかで英語長文のコツを掴めるかどうかが決まります。他の受験生がいつから英語長文の勉強を始めるのか気になったことはありませんか?
センター英語対策のそれぞれの勉強は早ければ早いほどいいです。まだ高校3年じゃないし…なんて遠慮は要りません。

大学受験の過去問を解くタイミングに英語長文制覇のコツがある!

大学受験の過去問を始める時期に、英語長文を攻略するコツがあるのをご存知ですか?
センター試験の対策は「早ければ早いほどよい」と言いましたが、ただし、過去問に取り組むタイミングは何ともいえません。個人の実力差があるので、早すぎても思ったように解けずに自信を失う可能性があります。
わたしは11月から予想問題集を解き始めました。(赤本はもっと前からです)センター英語だけでなく、私立の一般受験もそのくらいの時期でした。
遅いと思われるかもしれませんが、これは学校の先生からも勧められた適当な時期です。
なぜこんなにギリギリなのか。それはやはり時間内に解くための読むスピードが身についていない状態で、過去問を解いてもあまり力にならないからです。時間内に正確に解いてこそ過去問演習の意味があります。

速読をマスターして見事東京大学に合格された方の「必勝!勉強法」とは!?

過去問の前にやっておくべきことはこれ!大学受験の英語長文を強化するコツ!

大学受験勉強で、過去問はギリギリに取り組むのがおすすめですが、過去問演習の前に英語長文を強化できるコツがあるのです。
11月になる前までに、アクセントと発音、単語、熟語、文法を完璧にしつつ、長文も読み込んで速いスピードで読むことができるようになっていましょう。

速読をマスターして見事東京大学に合格された方の「必勝!勉強法」とは!?

そして一番早い段階で手を付けるべきなのがリスニング問題。もう今日から勉強し始めましょう。リスニングは勉強してすぐ結果が出るものではないからです。
浪人生と現役生の差が一番出るところです。単語と一緒に毎日勉強しましょう。
過去問前に基礎や速読を身につけておくと、過去問演習もより手ごたえのあるものになるでしょう。

コメントを残す