choubun_wp06

大学受験のセンター英語長文で高得点を出すコツを知りたいと思いませんか?ここでは一生懸命受験勉強に取り組んでいる方へ、高得点を取るために、はずせないコツをご紹介していきます。

大学受験のセンターで高得点を出すには英語長文だけじゃダメ!高得点のコツその1!

大学受験の英語は英語長文が重要なことは言うまでもありませんが、それ以外にも外せない解答のコツがあるのです。

①一つは捨て問(ちゃんと解かない問題)を作らないことです。
センター英語で中々良い点数が取れなかったり、英語を読むスピードに自信がない生徒にはぐさっと心に刺さる課題でしょう。
時間がないからと言ってマークを埋めただけの問題なんてあってはなりません。高得点をとれている人にとっては、問題を全て解くことは当たり前なのです。
アクセント発音、文法、長文、リスニング
当たり前ですが、高得点を取るつもりならどれもほぼ完璧にするまで取り組みましょう。
自分が考えた時間配分の中で各問題を解き終えることが目標です。つまり演習をたくさんすることですね。赤本を合わせて私は40回は問題演習をしました。
そこで苦手な部分をしっかり認識し、しっかり勉強することが一番だと思います。

大学受験で高得点を出すコツその2!英語長文はスピード!

大学受験英語で最も重要と言われる英語長文を、どれだけスピーディーに読みこなせるかがポイントです。解答の方法にもやっぱりコツがあります。

②二つ目は意味を理解しつつ早く読むこと。
やはり重要なことは読む速さですね。これは日々の積み重ねが影響すると思うので、毎日たくさんの長文を読んで慣れるしかないです。
そして文を読んでいるつもりで、目の運動だけで意味はよくわからない…なんてことにならないよう、読みつつ探す対象を、はっきりさせてから読むことをおすすめします。
問題文の設問をまず読みましょう。そしてわからないところは飛ばして読むということも大事です。時間をかけずに読み、後は推測していくという力も必要な時があります。
これも演習の慣れで培っていきましょう。

大学受験の英語長文で高得点をとるコツまとめ

大学受験の英語長文で高得点を取るコツは、「捨て問は無し」「速読」の2つと覚えると目標にしやすいです。具体的には「長文読解・その他の問題含めどれだけ失点をしないか」と「時間配分に余裕をもって解答できるか」という部分がとても重要です。受験勉強で目標や目指す場所に迷ったときは、ぜひこの2つを思い出してください。

コメントを残す